スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国立大文系カット?またも迷走

というか、なんというか・・・。

 そう、最近の文部科学省による国立大学の文系学部「再編成・廃止」論のことである。

 これまでのロースクール制度設計の完全な失敗(誰も責任を取らないのがまさに日本的)、スーパーグローバル大学構想のあぶなっかさ(現場の教員の仕事量が増えるだけ)につづく迷走としか、いいようがない。北米でもこの手の「大学の職業訓練学校化」発想が強くなって久しいが、リベラル・アーツの伝統があるゆえか、ここまで見識のないような政策はでてこない。

 ズバリいおう。この文部科学省の新方針、反民主主義的というか日本の市民社会の根幹を攻撃する、ゆゆしきものである。

 日本のような民主主義社会の根幹は、独力で考える(政府を批判できる)市民社会層が広く存在することに他ならない。そういった市民社会、とりわけその社会の最高学府を卒業した者たちが構成する上層部においては、人文・社会科学の素養が広く行き届いていることが必要である。そして、そういった基盤の上にこそ、政策決定エリート(国の運営をつかさどる)が立たなければならない。

 歴史・文学・哲学といった分野での知識に基づく人間や社会への深い洞察、それに判断力が市民層のなかに充満していない社会は、全体主義に走りやすい社会である(くわしくは後述)。上でいうような健全な市民層のなかから政策決定エリート(官僚・政治家もふくむ)が出てこなければ、彼・彼女らが複雑な国際社会において日本を運営していく際、間違った道に進みかねない。

 それほど人間社会は複雑なのである。ジレンマや不条理、さらには情や愛といった「非合理的要素」が満ち満ちているから複雑なのである。その複雑さを理解しようとして、歴史学・哲学(宗教学をふくむ)・文学、さらには心理学といった分野での偉人達が1000年以上も知的格闘してきた。また、政治学・経済学・社会学といった社会科学系の分野でも、皆が知恵をしぼってきた。そういった文系学問がこれまで積み上げてきた知恵や英知、洞察を知らない人材が増えて行くような教育制度の設計・実施は、まさに自殺行為としかいいようがない。例えば、読者が所属する組織において、人間や人間関係というものに対して洞察力がない、(状況)判断力がない、人望がないリーダー(そしてリーダー予備軍)しかいないといった状況を想像してほしい。そういった組織が長期的には成功するとは思えないであろう。

 さらに、次の2点を考えてほしい。

(1) ファシズムの一つの定義に、「独力で考えることにつかれた人民が、『楽だから』といって政府に無批判的に迎合する状況」というのがある。独力で考えることができない人間からなる社会、人間社会に対する洞察ができない人間からなる社会、もっといえば「理系クン」(技術屋)からだけ成りたっている社会を作り上げていくような文教政策は、民主主義弱体化の効果をもってしまう。とりわけ、「皆がいきたがる大学」にそういった政策の焦点をあてることは、効率的に民主主義の基盤を弱体化することになる。今回の国立大学における文系学部の大幅削除政策はまさにそういったタイプのものといわざるをえない。

(2)イギリスの首相、アメリカの大統領で理系クンはほぼいない。

 少々長くなったが、こういったところまで頭が回っていないみたいである、今回の方針決定に際しては。あさはかと思う。

 日本学術会議は反対声明をだしたが、それ以降の動きについては以下のブログ(8月1日のエントリー)が参考になる。ご関心あるむきはどうぞ。

http://kakichirashi.hatenadiary.jp/
スポンサーサイト

女子サッカー・ワールドカップ2015

 現在、カナダ各地で女子サッカー・ワールドカップが開催中。連日、テレビで観戦しております。夏日が続く当地でもドーム球場で熱戦が繰り広げられています。

 サッカーをしている次女(中学生)もカナダ・チームを応援するため、昨日、スタジアムに行ってきました。赤がカナダ・チームの色なので、赤色のサッカージャージを着て出かけて行きました。もちろん、スタジアムは超満員。残念ながらイングランドに負けましたが、会場は大興奮の渦だったとのこと。それに大変暑かったとか。こちらは自宅のテレビで観戦しておりました。

 カナダ建国記念日(7月1日)に、日本がイングランドと対戦します。これが日本対カナダ戦であれば、我が家の中では誰がどちらを応援するのか、微妙な状況になっていたかも・・・。いずれにしても、これからも日本チームが勝ち続けることを祈るばかりです。

*コメントありがとうございました。また当ブログを読んでいただき、ありがとうございます。残念ながら、個人的な通信はできません。ご容赦のほどを。一般的な質問であれば、ぜひどうぞ。

大学院入学審査の季節

も、ほぼ終わりかけ。

 今シーズンもいろいろありました。まず、推薦状。幾人かの学生から依頼があり、書きました。優秀な学生に関してはスラスラ書けるものの、そうでない学生の場合は一苦労。それに加えて、「これこれの情報を提供するように」と言ってあるのに出さない学生とかいると、正直幻滅します。そんなんで、大学院の激務こなせるのか・・・!?となる。推薦状では学生での人格にも言及するので。

 ご関心あるむきは「letter of recommendation sample」で検索してみてください。ワンサと出てきます。それに目を通せばどういう内容を教員は記さないといけないのかお分かりになるでしょう。かなり細かい内容です。そういうことまで書くには、かなりの情報を学生に関して教員が知っていないといけません。そういう情報なしで書かれる推薦状は、10倍から上の大学院入学審査の競争の中では弱い推薦状となり役に立ちません。

 推薦状を読む審査員も、推薦状を書いている教員なので、どこを読めばよい、あるいはどういう表現に注意すればよい等、勝手は分かっており、そういう人相手に「この学生は合格に値するよ」と論ずるのが推薦状なわけです。だから手間がかかるわけ。

 推薦状を書く一方、うちの政治学部の大学院プログラムに応募してきた学生たちの推薦状も読みました。合格かどうか判断するため。「まともな推薦状」つまり、「なるほどこの学生のことを良く知っているな」と印象付ける推薦状は良いもので、学生に対する評価も当然上がります。

 この季節もほぼおわりです。私が推薦状を書いた学生のうち、何人かには審査結果がでた模様。これから審査結果が次々に出て来る季節に入ります。

新年の抱負:幸せな人生を送りたい

あけましておめでとうございます。

 読者の皆様のクリスマス・お正月はいかがでしたでしょうか。

 新年の抱負、英語でいえば a new year's resolution はお決めになりましたか。

 ワタクシの場合は単純で「幸せな人生(一年)を送りたい」です。中高年の大学教員であるワタクシにとっては、それは3つの要素から成り立っています。

(1)(社会のためという)使命感を持って仕事ができること
  「大きな業績を残す」「誰々みたいになる」というのではなくて。「世の中に役にたっている」という満足感・充実感( senseof mission 使命感の充足)がワタクシにとって大切ですーーキャンパスの中・外、ともに。あと、ささやかなボランティア活動も。

(2)心身ともに健康であること。
 ストレスに悩まされることなく(つまりpeace of mind を保つことができ)、身体も健全で医者にかからなくてよいというのが理想的。ストレス源を回避したり健康管理したり。もちろん、ストレス解消法の魚釣りも。

(3)清らかな心でいられること。
 嫉妬やおごり、権威主義といった「心の毒」ーーこれらは実は不安の表れーーに染まらないようにする。他人にできるだけ親切・平等に接する。澄み切った、そして穏やかな心(清明心、spiritually pure といった状況)を持ちたい。
 
 とまあ、自分中心の定義なのですが、逆にいえば、「何のために仕事をしているのか、くよくよ悩む」「心身いずれかの疾患状況に苦しむ」「すさんだ心、醜い心でもって『毒』を周りにまき散らかす」といった状況には陥りたくない、ということになります。こういった状況の人物がワタクシにとっては an unhappy person ですね。
 
 「業績をあげる」や「物を手に入れる」「どこどこに旅行する」というような物質的ないしは快楽主義的なものではなくて、どちらかといえば精神的・哲学的な「幸せ」 (happiness) の定義ですが、これも年齢のせいでしょうか。あるいは「家族の誰々が重い病気に罹っている」というような逼迫した状況に直面していない「幸せ」の賜物でしょうか。

 もちろん、自分だけの幸せだけではなく家庭生活での幸せも大切です。また職場以外での社会生活も。しかし、まず自分自身がコントロールできる範囲内での幸せを考えるとワタクシの場合、今のところこうなります。

 読者の皆様それぞれ異なる「幸せ」の定義をお持ちと思いますが、この一年が皆様にとって「幸せの年」となりますように。

映画「バンクーバーの朝日」

が12月20日封切りになりますが、ぜひご覧あれ。

 実際に朝日軍が活躍した昔の日本人街は、すでに面影なく、現在はまったく異なった様相です。また、映画に出て来るような、現在からでは想像できないレベルの人種差別は過去のものです。こういった映画をつうじて、当時の苦労を想像するしかありませんーーとくに今、その同じ土地で生活する私みたいな人間にとっては身に沁みます。

 例えば、信じがたいかもしれませんが、当時、私が今住んでいる州では(カナダで生まれても)アジア系というだけで医学部入学は「慣習上」禁止されていましたーーつまり正式なルールはないけれども、願書は却下されていたのです。職業のほか住む場所といったようなことに関しても、歴然とした人種の壁がありました。賃金は白人の半分。

 実は、日系人をふくむアジア人のカナダでの歴史を私は大学で教えています。また日系の収容所経験者(その多くは今では高齢者)から直接話を聞く機会もありました。この映画、当地でも一般公開されるときを期待するばかりです。

 ちなみに、こういった朝日軍に関しては、別のビデオ作品が以下の National Film Board of Canada のサイトで無料閲覧できます。

https://www.nfb.ca/film/
sleeping_tigers_the_asahi_baseball_story

そのページの下のほうにリストアップされているものも良いです。ちなみに私のクラスではそこにある
Shepherd's Pie and Sushi という作品を学生に見せるのですが、上映するといつも胸に詰まるものを覚えます。



プロフィール

プロフェッサーX

Author:プロフェッサーX
性格は理系クンに限りなく近い文系学者。仕事の合間をぬって魚釣りにいそしみ、カナダの大自然をエンジョイしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。