スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学生からよくうける相談:日本の博士号の価値

 日本の文系修士課程に在籍している外国人学生(とくに非英語圏からの学生)からよくうける質問――。

 「このまま日本の博士プログラムにいくのと、北米・英国の博士プログラムにいくのと、どっちが良いのでしょうか?」

 この質問、言い換えれば「日本の文系博士号の国際競争力はどうなのか?」ということになります。
 私の答え→「それはどの国で仕事(大学教員のポジション)を獲得したいのかによる」
 なんやらナゾときのようですが、一般的にいって(つまり、特殊な場合をのぞいていえば)、そして世界規模で考えれば、北米ないしは英国からの博士号のほうが就職に有利。これが実状。つまり、日本の博士号は日本で仕事を得るにはいいかもしれないけれども、外国で仕事を得るには競争力に欠けるということです。ここでの話は文系の話。理系では日本の博士号はもっと国際競争力があるはず。
 ここでいう「特殊な場合」というのは日本史や日本文学、さらには日本の法律学など、日本でしか学べない学問のこと。そのような場合はもちろん、日本の博士号が強い――ただし、就職する国で使われる言葉(あるいは英語)で教鞭がとれないと、そもそも採用されないことに注意。もちろん、経済学とか心理学とかの「理系化・科学化された分野」では、日本の博士号でも国際競争力があるでしょう。また言うまでもなく、天才的な人材であれば、その人がどこで博士号をとったか関係なく、世界レベルで勝負できるでしょう。
 にもかかわらず、上でいう「一般的な実状」がドーンとあります。この点について、日本のことを知っている同僚多数、それに知らない同僚多数、それぞれと話をしてきましたが、そう思います。
 一つの職に100以上の申し込み者が集まるこの御時世(日本でも北米でも)、作戦や情報なしで針路を決めるのはあぶない――と、質問してくる外国人学生に答えるようにしています。
スポンサーサイト

テーマ : 留学・留学生
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

プロフェッサーX

Author:プロフェッサーX
性格は理系クンに限りなく近い文系学者。仕事の合間をぬって魚釣りにいそしみ、カナダの大自然をエンジョイしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。