スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リベラル・アーツ大学 → PhD ?

 アメリカのリベラル・アーツ・カレッジ(学部中心の大学)に在学中という、日本人の学生の方から質問をいただきました。将来は経済学のPhDに進みたいが、というお話です。

 アメリカ国内において、大手有名大学で教育を受けた学部生はリベラル・アーツ大学出身者よりもPhD入学競争では有利なのかどうか?

 答えは、「出身校よりも成績が最も重要な要因なので、リベラル・アーツ大学、大手有名大学で勉強しているかは関係なく、抜群の成績をとること」です。

 学部時代の指導教官がどれほど有名であるかどうか(あるいはコネをもっているか)は、気にしないこと。成績が抜群でなければ、いくら有名な指導教官でも強力な推薦状は書いてくれないでしょう(自分自身の評判を傷つけるようないい加減な推薦状は書かないと思われます)。また、成績が抜群であれば、指導教官の知名度にかかわらず、強力な推薦状をその指導教官は書いてくれるでしょう。結局、指導教官という他人の力ゆえではなく、自分自身の努力・能力の結果として合格・不合格が決まるのです。

 PhDプログラムのほうも、毎年(リベラル・アーツ大学を含む)様々な大学の出身者からの願書を審査しています。リベラル・アーツ大学出身者が一方的に不利という話は聞きません。リベラル・アーツ大学出身者で有名な研究者は数多くいます。

 ちなみに、学部生が有名教授から直接親切に手ほどきを受けるという機会は、大手有名大学では珍しいと思ってよいと思います。そういう大学では、実は自分の研究や院生への教育が教授の中心的な関心事項で、学部生の指導は二の次ですから。また、仮にそういった大学での学部時代の成績が芳しくない場合、その大学の「ブランド力」だけでもってPhDプログラムに合格する可能性は極端に低いと思います。やはり、成績がよくないとどうしようもありません(学部に入ったときは優秀であったとしても)。他方、リベラル・アーツ大学でのほうが、教授と学部生の関係が深く、教授は学生の才能・努力・性格など細かく観察できます。となれば、より密度が高い推薦状を教授は書くことが可能となります。もちろん、成績が良くないと教授のほうも説得力のある推薦状を書くことはできません。

 ということで、やはり成績が肝心。そして、成績のほか「勲章」が重要です。Dean's honor list に入ったとか merit scholarship をもらったとか。学生論文集に research paper が掲載されたとか。なにしろ勉強の点で抜きん出ていることです。

 加えて、経済学の研究を将来進めるにあたって、自分にできて他人ができないことを蓄えていくこと。いわゆる自分自身の差別化です。もちろん、成績が他の人よりも良いというのは一つの差別化の形です。それと経済学の中でも自分の得意技を磨くこと(例えば、統計経済学とか、ゲーム理論とか)。他の差別化作戦もありえます。リベラル・アーツ大学では様々な分野の教育を受けるので、例えば経済学と心理学とを組み合わせてみて、将来、経済心理学の道を進むとか(様々な経済学があるので、自分で調べてみること)。もちろん、自分自身の関心がある分野でなければ、こういったことはうまくいきません。

 英語圏での大学で高い成績をおさめるだけでも大変でしょう。また、様々な科目を履修しない限り、こういった「土地勘」はなかなか蓄えづらいでしょう。1・2年生の間は土台を築く時期なので、成績全般だけに注意を払って、自身の差別化は考えなくて良いです。もちろん、体に無理しない範囲でーー自滅しては元も子もないので。体調管理を忘れずに。息抜きの機会、笑う機会、友人と遊ぶ機会も十分にもってください。そして、3・4年生の段階に達したとき、上でのべたような戦略的な発想でもって進んでいくと、PhDプログラムに応募する際に有利な形を整えることができます。ぜひ、がんばってください。
スポンサーサイト

テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

プロフェッサーX

Author:プロフェッサーX
性格は理系クンに限りなく近い文系学者。仕事の合間をぬって魚釣りにいそしみ、カナダの大自然をエンジョイしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。