スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リベラルアーツ・カレッジとは

 リベラルアーツ・カレッジ( liberal arts college )というのは、学部(4年間)だけのアメリカの私立大学(なかには大学院をもっているのもあるが、基本的には学部のみ)。学生数からすれば小規模(一学年200-400人程度が普通)で、かなりの学生がキャンパス内の寮に入り、衣食住・学をともにする。教員もキャンパスの中や近くに住んでいる。ということで、大学コミュニティーが形成されており、小さい大学町にこの種の大学があることが多い。私立大学なので学費は高い。

 Amherst College, Smith College (女子大), Swarthmore College, Middlebury College, Carleton College とかが知られている。

 今、NHKで放映中の『八重の桜』の主人公、八重の再婚の相手である新島襄は、Amherst College 卒業。その後、彼は京都の地に同志社英学校(後の同志社大学)を建てた。

 リベラルアーツというのは、どういう意味か?簡単にいえば、「幅広い知識・教養にもとづいて自分自身で分析・判断・発表できる能力」ということ。ということで、一専攻分野に限らず、幅広い分野の科目を学生は履修する。しかし、それだけではダメで、いわゆる思考力・判断力を蓄える訓練を受ける。文系でいえば論文執筆や研究発表をつうじてそれを行う。そういった高等教育をめざす大学が、リベラルアーツ・カレッジである。

 日本でいえば、秋田県にある国際教養大学。実際、これはアメリカのリベラルアーツ・カレッジをまるまる秋田県に移したようなもの。

 日本の財界人に人気があるそうな、この大学。ここ出身の学生は考えることが出来るからとか。そういう訓練を受けるのです、リベラルアーツ・カレッジでは。

 リベラルアーツ・カレッジでは大教室というのはあんまり無い。日本でいうゼミの規模の授業がほとんど。となると、学生も勉強する。図書館も夜遅くまでやっている。この種の大学は田舎にあることが多いので、アルバイトといえば大学の中でのものが多い。

 えっ、息が詰まりそう?

 卒業して社会の波にもまれる前に、知的基盤(とりわけ自分で考え抜く力、それも新しい状況にであっても自分で高度な判断を下し実行していく知的能力)をミッチリ作りあげることができる。そういう訓練を受けた人材は、就職戦線で「自己分析が十分でなかった」とか「もっと業界を調べておくべきだった」というようなヤボなことはいわない。そのうえ、息の長い友情を大学時代に培うことができる。

 とまあ、ファンです、ワタクシ。リベラルアーツ・カレッジの。
スポンサーサイト

テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

プロフェッサーX

Author:プロフェッサーX
性格は理系クンに限りなく近い文系学者。仕事の合間をぬって魚釣りにいそしみ、カナダの大自然をエンジョイしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。