スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「バンクーバーの朝日」

が12月20日封切りになりますが、ぜひご覧あれ。

 実際に朝日軍が活躍した昔の日本人街は、すでに面影なく、現在はまったく異なった様相です。また、映画に出て来るような、現在からでは想像できないレベルの人種差別は過去のものです。こういった映画をつうじて、当時の苦労を想像するしかありませんーーとくに今、その同じ土地で生活する私みたいな人間にとっては身に沁みます。

 例えば、信じがたいかもしれませんが、当時、私が今住んでいる州では(カナダで生まれても)アジア系というだけで医学部入学は「慣習上」禁止されていましたーーつまり正式なルールはないけれども、願書は却下されていたのです。職業のほか住む場所といったようなことに関しても、歴然とした人種の壁がありました。賃金は白人の半分。

 実は、日系人をふくむアジア人のカナダでの歴史を私は大学で教えています。また日系の収容所経験者(その多くは今では高齢者)から直接話を聞く機会もありました。この映画、当地でも一般公開されるときを期待するばかりです。

 ちなみに、こういった朝日軍に関しては、別のビデオ作品が以下の National Film Board of Canada のサイトで無料閲覧できます。

https://www.nfb.ca/film/
sleeping_tigers_the_asahi_baseball_story

そのページの下のほうにリストアップされているものも良いです。ちなみに私のクラスではそこにある
Shepherd's Pie and Sushi という作品を学生に見せるのですが、上映するといつも胸に詰まるものを覚えます。



スポンサーサイト
プロフィール

プロフェッサーX

Author:プロフェッサーX
性格は理系クンに限りなく近い文系学者。仕事の合間をぬって魚釣りにいそしみ、カナダの大自然をエンジョイしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。