スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本文化コンサルタントとして働く

 この夏、たまたま機会があって、アメリカのテレビ番組制作に日本文化コンサルタントとして関わっていました。アルバイトです。

 番組名は Man in the High Castle (高い城の男)というもので、アメリカのアマゾン(プライム)が制作し、インターネットで配給を始めたところです。そのうち日本のアマゾンでも視聴ができると思います。

 カナダドルがアメリカドルに対して弱く、カナダで撮影することでアメリカの制作会社は25%も予算が節約できます。それで今回、カナダでこの番組を作ることとなったのです。

 この番組、1960年代初めにアメリカで発表された小説にもとづくもの。第二次世界大戦にアメリカが負けて、アメリカ西海岸が日本、東海岸がドイツに占領されたという歴史空想物のストーリー展開。ということで、日本の文化に関していろいろ私が助言したわけです。とりわけ、戦前の日本が生き残って当時の政治体制や文化が占領下のカリフォルニアに及ぶという想定なので、そういったことを理解できる日本専門家を制作者側が探していたとのこと。

 こちらも、シナリオ作成段階から実際の撮影現場、さらには編集段階にいたるまで、番組制作の裏側をみることができ、たいへん刺激的でした。日本文化を描写する際、番組作成上のアヤもいろいろありましたが、番組制作関係者たちが日本文化を正確に再現しようとしてくれる態度には大いに好感を持てました。他方、この経験を通じて、日本に関するステレオタイプがハリウッドにおいてこれまで再生産されてきた過程を垣間見ることができたとも感じています。

 番組は第10回まであります。各回の一番最後のところにスタッフの名前がダッーとでてきますが、そこに私の名前もちょろっとでてきます(笑)。
スポンサーサイト
プロフィール

プロフェッサーX

Author:プロフェッサーX
性格は理系クンに限りなく近い文系学者。仕事の合間をぬって魚釣りにいそしみ、カナダの大自然をエンジョイしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。