スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「教室でPC」の思わぬ弊害

 最近の学生。PCを教室内に持ち込んで講義をノートする、というのが多いです。時代の流れ、でしょう。

 しかし、日本のTV風に言えば「ソレダメ!」です。

 なぜか。それは、PCを使っていると周りにいる人達の気をそいでしまうから。つまり、受動喫煙と同じ。本人がハッピーでも回りが迷惑。

 これ、最近の研究でわかってきたことです。読みやすいものでは、例えば次の記事をごらんあれ。

http://www.theglobeandmail.com/life/parenting/back-to-school/laptops-in-class-lowers-students-grades-canadian-study/article13759430/

 ちなみに、教員の目からみて学生のPCは目障りなのは言うまでもありません。小さな壁が学生の前に立っている格好なので(実際、講義そっちのけでインターネットを見ており、ニヤツイている輩も見受けられる)。

 実は、ノートのための道具として真面目にPCを使うとしても、本人にとってためにはなっていないのが事実。情報を頭の中に入れるのには、紙に自分の手でもって書く動作のほうが効果的なのです。これも研究で実証ずみ。

 ここまでは教員と本人の問題なので、本人が「自分の勝手」といえばなんともしようがないのですが、「他の学生にとって迷惑」となると話がちがってきます。

 ということで、ワタクシが担当している科目では基本的にはPC持ち込み禁止。「えっ、そんな極端な!」と思うなかれ。教室が禁煙となっているのと同じ理屈。

 それとスマホも禁止。ご心配なく。休憩時間があるので、その際に学生諸君、フェィスブックをチェックできます。にもかかわらず、コッソリ講義中にスマホチェックしている輩がおる。まさに中毒症状。

 実際、政治哲学を教えている同僚の話よれば、スマホが出始めてから学生の集中力が落ちているとのこと。さもありなん。政治哲学のような抽象論を考え抜くという知的作業には集中力が欠かせない。スマホ中毒恐ろしや。

 ということで、時代の流れに歯向かう「無駄な抵抗」かもしれないけれども、「他人への迷惑お断り」という理由でPCは教室内禁止、という方針を今のところは貫いております。他の同僚のなかには許可している者もいて、対応は千差万別なんですが。

 


スポンサーサイト
プロフィール

プロフェッサーX

Author:プロフェッサーX
性格は理系クンに限りなく近い文系学者。仕事の合間をぬって魚釣りにいそしみ、カナダの大自然をエンジョイしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。