スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アメリカの大学院で成功する方法』に思う

 吉原真理 『アメリカの大学院で成功する方法――留学準備から就職まで』 中公新書2004年。

 最近、この本を両親に贈りました。「僕が過去たどってきた30年、この本を読めばわかるから」といって。

 副題にあるとおり、留学準備から大学院でのサバイバル、それに北米の大学での就職やテニュア(終身雇用権)獲得プロセス等々、うまくまとまっています(ただし文系の話)。日本の文脈と異なるこういった事情を口では説明してもなかなかうまくいかないので、「経験談」書物を読んでもらうのが一番です。

 わたくしも、この本を読んだ際、自分が体験してきた様々なエピソードを思い起こしました。

 ご関心あれば、この本、ぜひご覧あれ。読者の方にひとつ注意点を挙げるとすれば、わたくしの院生時代はタイプライターの時代(もちろんインターネットは無し)だったので、機械の面では論文執筆作業は今と比べて不便だったということでしょうか。

 麻田貞雄 『リベラル・アーツへの道――アメリカ留学とその後』 晃洋書房2008年 は日本の高校卒業後、アメリカの大学・大学院(1954年~1963年)で学んだ人の経験談です。筆者はグルー基金の2期生。学部時代のわたくしの指導教官。当時のアメリカの状況が分かるほか、今でいう帰国子女が直面した事情が理解できます――副題にあるように。1960年代の日本といえば、現在と異なり、「海外との壁」が大変厚い時代でした。再び今の言葉を使えば「ガラパゴス的だった」となるでしょうか。

 この本もぜひ、ご覧あれ。


 
スポンサーサイト
プロフィール

プロフェッサーX

Author:プロフェッサーX
性格は理系クンに限りなく近い文系学者。仕事の合間をぬって魚釣りにいそしみ、カナダの大自然をエンジョイしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。