スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳の健康管理

 どこの業界でもそうかもしれない。が、我が業界でよく聞くのはウツ病。ほぼ職業病になっているのではないか、とさえ思われる。
 この前、数えたら7人の同僚がウツ。
 これはショックであった。
 やはりストレスが大敵な模様。根はノーテンキでチャランポランな私であるが、この私も実は一時、仕事上のストレスのためにハギシリ、さらには湿疹などに苦しんだ。脳のほうに異常がでなかったのが誠に幸いであった。
 ということで、脳の健康管理に関心をはらうようにしている。その種の情報に耳をたてている。(もちろん、超ストレス状況がそもそも起こらないような生活を心がけているのは言うまでもない。)
 例えば、セラトニンを脳内に減らさないようにと、軽運動(歩く)したり、涙を流してしまうようなビデオをみたり、太陽を浴びたり(当地の冬は雨が多く、これの機会がなかなか無いが)、はたまた緑茶、ヒマワリの種、クルミ、魚(オメガ3)などを機会を見つけては摂るようにしている。
 涙ぐましい努力をしているのだ。
 あと、脳トレということで、ニンテンドーDXはやっていないが、内田クレペリン検査というのをときどきする。これは 5 8 9 7 6 8 という数字が並んでいるところに、
     
    5 8 9 7 6 8
     3 7 6 3 4  ←

といったぐあいに足し算した1の位の数字を書いていくもの。これが、膨大な数並んでいて、パッ、パッ、パーと計算していくのである。
 あと、パズルも好きなので数独やジグゾーパゾルもする。
 で、ストレス解消の決定打は・・・・もちろん魚釣り!
 ウキを見つめていると瞑想状態になってこれまた結構。魚がいるポイントまではハイキング。これも良し。釣り場までの自動車の中では「まいど  ハッピー」というウルフルズの歌や「天才バカボン」の歌(古いほう)を大声で歌って気分を高揚させる。「今日も魚、釣れるかも(ニヤニヤ)」ということで、気分はルンルン・・・・これまた脳に良い(はず)。
 ということで、堂々(というか、ヌケヌケ)と釣り行きを家族に正当化している。

スポンサーサイト

テーマ : 教師のお仕事
ジャンル : 学校・教育

コメント

非公開コメント

プロフィール

プロフェッサーX

Author:プロフェッサーX
性格は理系クンに限りなく近い文系学者。仕事の合間をぬって魚釣りにいそしみ、カナダの大自然をエンジョイしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。