スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質問へのお答え

 休暇中に2組の質問をいただきました。今回と次回、2回に分けてお答えします。

 今回は第1組の質問。

(1)北米にて政治学でメシが食えるのか?

 政治学で学士号をとった場合、日本の場合と同じで、それは「単なる文系の学士号」。それだけでは、職は自動的には見つかりません。修士号も「ちょっと格が高い学士号」で、同じ状況。博士号の場合は、これまでブログで説明したとおり。

 興味ぶかい点を一つ。北米のロースクールに進む学生のうち、かなりの人が政治学の学士号をもっています。つまり、ロースクールへの入り口として政治学部が存在するという面があります。やはり社会や政治に関する深い認識と洞察が弁護士・裁判官には求められるからでしょう。

(2)北米で確立されていて、日本で確立されていない政治学・社会学の分野は?

 「確立」という定義によりますが、日本で比較的なじみがない社会科学分野は以下のような学際的な分野でしょうか。

 Criminology (直訳して犯罪学だけども、日本では「犯罪心理学」とよく言われる)
 Communication(翻訳しにくい。「情報学部」「文化情報学」と日本の大学にある)

これらは、いわゆる新興学問分野。

 では、政治学のような伝統的学問分野において、「確立されているかどうか」を「輸入学問でないかどうか」と置き換えるならばどうでしょうか。たぶん日本政治や日本の社会といった日本にかかわる専門分野やアジア関連の分野以外では、全て、輸入学問っぽいのではというのが個人的な印象です(印象だけ)。もちろん、個人的に優れた研究者は日本にも多いです。しかし、残念ながら研究者の数が少ないのです、日本では。

 この構図の例外は、マルクス経済学における宇野学派。いまから半世紀ほど前の話。そのほかにもあるかもしれませんが、勉強不足でわかりません。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

プロフェッサーX

Author:プロフェッサーX
性格は理系クンに限りなく近い文系学者。仕事の合間をぬって魚釣りにいそしみ、カナダの大自然をエンジョイしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。