スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋入学は大学二分化の一歩

 東京大学が秋入学導入を唱えはじめて以来、他の大学から賛否両論、いろんな反応が出てきた。

 たぶん、将来は二分化すると思う、日本の大学は。片方は国際競争力重視型の大学。秋入学を導入するタイプの大学。もう一方は、なんだかんだいって秋入学を導入しない大学。まあいうなれば「国内派」の大学。

 これ、日本の産業界と酷似。国際競争力あるモノづくり部門と、そうでない(農業や土建業)といった部門とに日本の産業界、わかれている。

 産業界の場合、後者の国内保護部門は競争力が弱り衰退産業となってしまっているのは周知のとおり。

 大学の場合もそうなるのであろうか。そのうえ、少子化傾向のため「伝統的国内市場」は縮小する。「国内派」の大学はこのままではジリ貧ではなかろうか。

 などなど、秋入学のニュースを読むにつれて思うのである。皆さんはどうおもわれるか。
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメント

非公開コメント

2期制にすれば十分かと

いつも楽しく読ませていただいています。研究者、兼、高校生を筆頭とする子どもたちの父です。

いくら少子化とはいえ、外国に合わせる必要はない。大学・経営側の事情を持ち込んで学生をはじめとする社会に迷惑をかけるのは、大学院重点化と同じ構図。やめるべき。

妥協案1。慶応の一部が既にそうしているそうですが、完全に8学期制にし、春入学も秋入学も可能にする。

妥協案2は、5年制(4年でも卒業可能)にして、最初と最後の学期(半年)は非必修とする。

Re: 2期制にすれば十分かと

「某理系君」様、

 コメントありがとうござました。そういう手があったのですね!二分法の発想枠の外からのコメント、感謝いたします。

No title

返信いただきどうもありがとうございます。

感謝していただいたついでに。

わたしは大学人ではないのでマスコミ情報や友人から聞く話からすると、ゆとり教育もあってか、また大学全入時代だからか、特に理系科目での学生のレベルの低下が問題になっています。その対策としても、基礎的な同じ講義を春・夏と秋・冬に行うのは、全く健全であると思っています。基礎で、出来て当たり前の科目については、できるようになるまで単位をとらせなければいいのです。教える側の手間の削減、指導スキルの向上にもつながるのではないでしょうか。

逆に、基礎ではない科目というのは、春・夏であれ、秋・冬であれ、どのようなタイミングで学習してもいいはずです。1年かかるような講義では、秋・冬に(1)を、春・夏に(2)を学んでもいいはずです。(もちろん、学生の数が多いなら、春も秋も(1)、(2)の両方の講義を開いてもいい。)

議論が、ギャップターム等の目的もはっきりしないごまかしではなく、教育の向上の方向へとむかうことを希望しています。

No title

ついでに。中学・高校での教育についても。

学校にもよるのかもしれませんが、うちの娘の高校(一流とは言えない進学校)は宿題が山のように出ます。私の高校(彼女の高校より偏差値が2つ,3つ上ですが、大して変わらない進学校でした。一応そこで独力で勉強して、旧帝大には入りました。)ではありえない。

高校受験の塾で聞いた話も、「問題のパターンは決まっているから、とにかく解いて覚えなさい」でした。

授業をしっかり聞いて、頭を使って覚えるべきものごとをキチンと理解して、問題が自然と解ける、さらに難しい問題にも挑んで理解度を上げる、というのが本来あるべき姿ではないかと思っていますが、

塾ならともかく、高校での勉強についても、その目的が試験の問題が解けるようになることに成り下がっているように思います。

中学・高校も含めて、教育の意識改革はなされるべきと感じます。

Re: No title

某理系君様、

 ひきつづきコメントありがとうございました。
 そうですか。日本の教育事情は話でしか聞きませんが、いろいろあるようですね。長期的には日本の相対的国力は低下するので、人材育成(加えて、女性がもっと積極的に活躍する場所の提供)の面で国力を増強することが肝要だとは思うのですが、外野からハラハラして見ております。
プロフィール

プロフェッサーX

Author:プロフェッサーX
性格は理系クンに限りなく近い文系学者。仕事の合間をぬって魚釣りにいそしみ、カナダの大自然をエンジョイしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。