スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

競争的研究計画書、審査員の立場を考えよ

 先日、研究計画書に関するアドバイスをあげていた博士課程院生が研究室に飛び込んできた。ニコニコして飛び込んできた。

 彼女の研究計画書、実はカナダ政府奨学金の申請書であったが、無事に射止めたとのこと。メデタシ、メデタシ。いやー、よかった。この奨学金、全国競争なのでなかなかもらえない。もらえば「勲章もの」。なので、本人も大喜び。

 このアドバイス、実は複合的なものであったが、その核になる点は以下の二つであった。

 「研究計画書は『学術作品』と考えて漏れがないようカチッと作るのはいうまでもないが、より大切なのは審査員が『これは奨学金をあげずにはおられない』と思うような、ワクワクするような現代的キーワードを使って研究テーマを伝えること。」これが一つめ。

 二つめは、「そのテーマ、他人ではなくて自分こそが最適の研究者であることをさりげなくアピールすること。」

 言い換えれば、審査員の立場になって考えろ、とくに審査員が「数ある応募者のうち、アンタ、良いよ」といってくれるようなネタを考えよ、それも自分の強みを考えて、ということである。

 審査員、やっぱり世間のためになる研究をサポートしたい。となると、審査員がそう思ってくれるように、院生は研究計画に「装い」をほどこすことが肝要となる。仮に内容が同じでも「装い」が古臭くさいのとナウいのとではウケが違うのである、審査員のウケが。このナウさをほどこすためには現代的キーワードが必要となる。もっといえば、そうできない研究テーマはやめて別のものにすべし。そうでないと、(奨学)金がもらえない。

 その上、「この計画・・・あんた、これ実行できるの?」と審査員は尋ねてくるに決まっている。そこでアナタは以下のように反応しなければならない。「ハイ、できます。というのも私にはこういった適切な経験やスキルがあります。他の人はこういうの持っていないので、私だけです、この計画をうまく実行できるのは。ねっ、だから(奨学)金くれ!」そういうつもりで、研究計画書をあらかじめ組み立てておくのである。

 そう、これはまさに孫子の応用。知彼知己、百戦殆。彼(敵)を知り、おのれを知れば、百戦あやしからず(あぶなくない)。Know your enemy and know yourself, and in 100 battles you will never be in peril.

 以前のブログエントリーでも触れたけれども、この戦略、就職面接、大学院入試等々、「人が人を選ぶ」という状況にピッタリ使えます。孫子の偉大さ、つくづく思い知らされる次第。

 実は孫子センセー、百の戦いに全部勝つ、とは言っていない。「あぶなくなることはない」としか言っていない。なぜか?それは運というものがあるからである。

 研究計画書も同じ。孫子流に完璧なものを提出しても、応募者がどうしようもない要因が選考には必ずかかわってくる(選考委員会の構成など)。これはどうしようもない。

 しかし、である。孫子流に完璧なものを作らないと、アナタの研究計画書は最終選考まで残らないであろう。その後は運があるので分からないが、そこまでは確実にたどり着かないと話にならない。勝負の土俵にまずは上がらないと、勝負には勝てないのだから。孫子流戦略こそが、その土俵に上がるためには必須なのである。

 孫子センセー、ほんとにエライ。


 
スポンサーサイト

テーマ : 教師のお仕事
ジャンル : 学校・教育

コメント

非公開コメント

プロフィール

プロフェッサーX

Author:プロフェッサーX
性格は理系クンに限りなく近い文系学者。仕事の合間をぬって魚釣りにいそしみ、カナダの大自然をエンジョイしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。