スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

趣味を通じて英会話を習う

というのが、やはり効果的ではと思う。正直なところ。大学教員として。それも在外日本人として思うに。

 日本人から「海外の(大学の正規授業ではなくて)語学学校で英語力をつけたいのですが」という相談をよく受ける。大学が主催するものから、営利目的のものまで英語圏では数多い、いわゆる「語学学校」や「語学研修」。最近では比較的廉価な「マレーシア・フィリピンで英語を習おう」という企画まであるらしい。
 
 この手の学校、当然ではあるが、学生は全員、非英語人で先生のみが英語ネイティブ・スピーカー。教室以外で会話をする相手は、その教室で知り合った外国人生徒か自分の国から来た学生といういうことが往々にしてある。つい、そういった仲間とたむろしてしまう。つまり、教室の外では英語ネイティブ相手に会話する機会はあまり無い。正直、これでは英語訓練の機会が少ない。まあ、事実上の観光目的であれば問題ないが、英語訓練を目的とするのであれば効果は「?」ではないだろうか。

 ちなみに、当地のダウンタウン地域にいけば、たくさんある、この手の英語学校。わんさかある。日本の学習塾産業なみの盛況。そういった学校の広告を集めた「ご当地情報誌」があるぐらい。まさに一大産業の観あり。学生の出身地はアジア諸国から中南米、はたまた中近東や東ヨーロッパまで、幅広い。

 こういった語学学校、どれほど教育効果があるのかは正直わからない。となれば、当然、「英語をしゃべらないと生きていけない」というような状況、あるいはそれに準じる状況に自分を無理にでも置くほうがより効果的であろう。(本当にやる気があるのならば、の話であるが。)自転車を乗れるようになるのと同じ。どんどん体と脳を使わないといけない。チビリ、チビリでは上達はおぼつかないのである。

 ホームステイはその点、効果的であろう。変わったところでは、農家に住み込む(ファーム・ステイ)というプログラムもある。「ちょっとそれはー」という人たちには、例えば、語学学校には応募するものの、日本人が少ない地域にあるものを狙うという作戦はいかがであろうか。いずれにせよ、英会話の機会を増やさないといけない。

 英語圏にいるから自動的に英会話の機会も増える、とは限らないのである。ここんとこ分かっていないと「数年いたけど、英語力上がりませんでした」ということになる。そういう人、います。実際に。

 ワーキング・ホリデーの場合はどうであろうか。こちらで就職する先が日系であれば日本語環境に身をおくことになるので、英語力向上の機会は大いに限られてくる。とはいうものの、そもそもワーキング・ホリデーに参加する日本人の英語力が十分でない場合が多い。当然、現地企業・店舗はなかなか雇ってくれない。八方塞り。となると「ワーキング・ホリデー=英語能力向上の機会」という発想は基本的には捨てるほかない。

 以上、英語環境に自分自身を置くという作戦を説明してきた。他方、やる気が起こるような内容の英会話に集中するという作戦もオススメである。仕事のための英語もこの種の作戦の一つ。資格狙いの英語訓練もそう。もっと効果的なのは、やはり自分の趣味に関する英語を習うというもの。だってそうでしょう、楽しいもの。無味乾燥な内容より、知りたい内容の英会話。そういった趣味のサークルに参加して、わいわい楽しみながら英会話を習うというのが上達の早道。

 こういった発想でいくなら、料理教室や日曜大工教室などいわゆる作業をしながら同時にその関連の英語を習うというのが理想的とおもう。教室で座ってならうよりも、作業をやりながら英語に慣れ親しんでいく。作業を通してお互い助け合ったりできて交流がはずむし、それに教室仲間とも日常会話ができる。友人もできる。その上、英語で書かれたマニュアルを読む。いうまでもなく、料理や日曜大工といった技術も身に付く。万々歳。

 「趣味を通じて習う英会話」を目的とする語学研修パッケージあればいいんですが、これいかが?

 こういう話を妻にしていると、「ガーデニングとかどう?」とのたまった。彼女の趣味がガーデニング。ワタクシは魚釣り。「フィッシング語学研修」、いいですねぇー。これならワクワクします。皆さん、どのような趣味をお持ちですか?それを通じて習う英語なら上達が早いと思いませんか?

 

スポンサーサイト

テーマ : 勉強法
ジャンル : 学校・教育

コメント

非公開コメント

No title

若者ならサッカーでしょう、特に男子
プロフィール

プロフェッサーX

Author:プロフェッサーX
性格は理系クンに限りなく近い文系学者。仕事の合間をぬって魚釣りにいそしみ、カナダの大自然をエンジョイしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。