スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと息抜きの時間

 6月は当地では気持ちのいい季節。気温、東京よりだいたい10度くらい低い。梅雨もない。講義もないので気が楽。庭には妻が植えたバラが咲き誇る。ブーン、ブーンと蜂のような音を出してハミングバードも飛び回る。

 息抜きに近所を散歩。回りは緑豊か。お決まりのコースが決まっていて、ゆっくり歩いて一時間。それをテクテク歩いていく。途中、森林浴できるところもある。自然が好きなので楽しい。この季節、サーモンベリーが野生で生えているので、それをところどころつかみ、口にほうり入れながら歩く。この蛇イチゴみたいなもの、あまり甘くないんです。しかし、つい手が伸びてしまう。夏に入れば、野生のブラックベリーが出てくる。これは甘い。ただし、このブラックベリーがなる草はトゲだらけ。葉っぱの裏までトゲがあるので要注意。いつもケガをしてしまう。

 春先は、ツクシやワラビも出る。ただし、日本(本土)のそれらとは異なり、コレマタたいへんな大型。「鬼ツクシ」や「鬼ワラビ」と勝手に呼んでいる。北海道にもあるのであろうか、鬼ツクシと鬼ワラビ。

 子供のころ、泥だらけになってザリガニやカエルを実家の近くの田んぼでよく採ったものである。土のにおいがする子供であった。昔の京都市のはずれでは、そういう自然が未だに残っていたのだ。夏休み、奈良県の叔母の家に遊びにいけば、カブトムシやクワガタムシを求めて山に入っていった。弟と何匹採れたか競いあったのも、今では良い思い出である。

 そういうタイプの子供であったから、大人になっても自然採集ぐせがついてしまっているようだ。つい、視線がそうなってしまう。

 ただし、キノコ類は触らないことにしている。一見、食べられそうでも毒キノコかもしれないので。前に、ヨーロッパからの観光客が当地の林で見つけたキノコを食べて死んでしまったという記事がでていた。ヨーロッパの森ではキノコ狩りが普通なんでしょうね。しかし、知らない土地でのキノコ狩りは危ない。触らぬ神にたたりなし。

 ということで、これから行ってきます。散歩。
 
スポンサーサイト

テーマ : カナダ
ジャンル : 海外情報

コメント

非公開コメント

プロフィール

プロフェッサーX

Author:プロフェッサーX
性格は理系クンに限りなく近い文系学者。仕事の合間をぬって魚釣りにいそしみ、カナダの大自然をエンジョイしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。