スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学生レベルの英語スラング

 日本とカナダを往復していると良く聞く話がある。。

 英語圏での日常表現(スラング)が、日本の小中学校では「まちがい」とされることが多い、というものである。そういった日常表現を知らない日本の(日本人の)英語教員がそういう判断をするのだろう。帰国子女がそういう状況に遭遇するらしい。

 例えば、「君のお父さんの職業はなに?」は What does your father do? という。直訳すれば、「君のおとうさん、何やっているの?」となるが、文脈で職業を尋ねているのだと理解している。まあ、口語とはそういうもの。What is your father's occupation (or profession)?というようなシャチホコばったことは子供同士では言わない。(日本の子供の間でも同様であろう。)

 次のこれは、何と思われるか?

 お母さんが、幼稚園児・小学生低学年児に言っている。

 Did you go number one?

「一番、行った?」とはどういうことか。

「おしっこに行った?」とお母さんは尋ねているのである。大のほうは number 2。こういう隠語を使うのだ。

 こちらの日本語教室で「どう、調子は?」のようなくだけた表現を習わないのと同じ。 英語では How's it going? や How are things? となる。

 生活レベルでの表現と教科書レベルでの表現との差。しかし、前者は文法的には簡単なので、慣れれば問題ない。

 
スポンサーサイト

テーマ : 英語
ジャンル : 学校・教育

コメント

非公開コメント

プロフィール

プロフェッサーX

Author:プロフェッサーX
性格は理系クンに限りなく近い文系学者。仕事の合間をぬって魚釣りにいそしみ、カナダの大自然をエンジョイしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。