スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教授になる方法:テニュアー獲得(2完)

◆天国と地獄

 めでたくテニュアーがもらえれば、そのあと一年間(つまり助教授として就職してから七年目)は、研究のみに打ち込む(講義担当なし)機会が与えられる。この期間をサバティカルという(これに関しては別の機会に説明したい)。「人生バラ色、ウキウキ、ハッピー♥」の気持ちで研究に打ち込むことができるのである。
 それで8年めからは、講義再開。准教授として、終身雇用権つきで生活できることとなる。ジンマシンと歯ぎしりもキレイに消える!
 ここまで来るのに、学部を出てから、苦節一〇何年。北米で博士プログラムを終えるのは超特急でも四年――そんなの稀も稀で、わたしは恥ずかしくも七年(さらに修士プログラムに二年)かかった――で、その上、助教授として「石の上に六年」。そうやって、やっと人並みに安定した生活が期待できるのであるから、喜びも一シオ、どころか二シオ、三シオほどもある。まさに、涙、涙のモノガタリ。日本なら赤飯炊いて喜ぶところ。まあ、それだけのオオゴトなのだ。
 しかし、人生いいことばかりではない。
 もしも残念ながらテニュアーもらえずに不合格、ということになれば、目の前、真っ暗。どん底のきわみ。それまで数年間の努力が文字通り、全てパー。ゼロ。一からやりなおし。ジンマシンと歯ぎしりがもっとひどくなる・・・・。
 不合格ならば、どうなるのか。
 その場合、七年目の最後で現在の職場から去らなければならない。そうである、オサラバ。その時点で助教授としての契約が切れる。更新?そんなの無し。そう、オワリ。バイバイ。
 で、この「最後のご奉公」をする一年の間に、ほかの大学で公募されている助教授の職に申し込む――それも六年前の自分のような院卒生と競争する――こととなる。そして、もう一度、新しい職場でテニュア獲得の試練に挑戦するのだ。(もし、学界に残りたければ。)もうここまでくれば、スポ根の世界である。『巨人の星』(1番最初のシリーズですよ)、『タイガーマスク』(これも最初のシリーズですよ)、あるいは『アタックNo1』の世界。血の汗を流して、涙をふかずに「だけど・・・涙がでちゃう・・・・」とつぶやきたくなるような世界・・・・スミマセン、思わず力が入ってしまいました。
 いずれにせよ、テニュアーが獲得できるかできないは、まさに「天国と地獄」の違い。おわかりか。
 「わかったヨ。なるほどね。で、どれくらいの割りでもらえるんだい、そのテニュアーとやら」
と江戸っ子のあなたは思うかもしれない。
 テニュアー成功率は・・・・これまた大学によりけりであるが、うちの大学では(まったく根拠ナシの個人的印象で)七〇%ぐらいであろうか。(実は正確なことは知らない。)つまり、まじめにやっていればテニュアを期待できる――はずである。
 ところが、超一流のアメリカ・アイビーリーグの大学では、なんと、六人に一人ぐらいしかこのテニュアー、もらえない。つまり、基本的にもらえないのである。
 これはツライ。ツライですよ、あなた。
 にもかかわらず、このレベルの大学では助教授の職に応募が殺到するのである――まさに超一流大学の「権威と栄光」のなせるわざなのであろう。

             ***

 ということで、テニュアーをめぐるドラマは悲喜コモゴモ。まさにドラマなのである。
 かくいうこのわたしも、昇格審査委員を務めたことが幾たびかある。合格を言いわたすときはいいが、不合格の決定を下さなければならないときは、やはり心がオモーくなる。
 あるとき、我々の委員会、とある助教授のテニュアー審査をしたわけだが、不合格とあいなった。その人、家族もちで四〇代はじめ。審査委員会も暗澹とした気持ちで決断したわけだが、審査は審査として執り行わざるをえなかった。キビシイ。で、その晩、審査委員の同僚と酒を飲まずにはおられなかったという次第。
 「うーん、まさに天国と地獄だね。合格すれば天国、ダメなら地獄ってわけか。で、アンタ、他人のことより、アンタ自身・・・・そのテニュア、もらっちゃったノ?」
 えっ、わたし自身のテニュアー審査結果?無事、天国にいかせてもらいました――ジンマシンと歯ぎしりを経て。                       
スポンサーサイト

テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

コメント

非公開コメント

プロフィール

プロフェッサーX

Author:プロフェッサーX
性格は理系クンに限りなく近い文系学者。仕事の合間をぬって魚釣りにいそしみ、カナダの大自然をエンジョイしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。