スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本音アドバイス:履修登録(registration)する前に

 そろそろ九月。新学年が始まる。どのコース(科目)に登録するか決めなくてはいけない時期である。そこで今回のアドバイスはこの点について語ろう。
「ハァ?そんなの、単に『必須科目』を選んだり、自分のスケジュールにあわせてコースを選んでいくだけでしょ?」とあなたは思うかもしれない。
 アマイ!甘いですゾ。
 だぁいたい、やぁーねぇー・・・(と、つい竹村健一風になってしまう・・・といっても読者の皆さん、竹村健一って誰か分かります?)おもむろに履修登録しては、良い成績はおぼつかないかもしれないことはないことはないデスヨ(おっ、と失礼しました。つい、いつものイチビリの癖が出てしまって・・・・。)
 ゴホン・・・つまり、登録するのにもコツがあるのだ。(ただし、日本にいる間は以下でいう作戦は不可能かもしれないけど。)
 あなた、大型の買い物するときは、いろいろカタログとか調べるでしょ。コースも同じ。事前調査が望ましい。そう情報収集。内容を知らずに登録すると危ないですゾ。前に書いた「『汝の敵』とオノレを知るべし」それに「意思決定、情報と基準が必要だ」を思いだしてほしい。これらがアテハマルのだ、ここでも。それもキッチリと。いや、ホント。とくに「汝の敵」うんぬんの法則が大切。
 昨年のシラバス( syllabus 、くわしい履修要綱のこと)があればそれを入手してまずはチェック(担当教官や学部事務所に尋ねるとよい)。そこに書いてあるアサインメント(宿題や試験など)の量や採点方針などに目を通す。その上、指定されている教科書があれば、図書館でいって内容をチェック。自動車やコンピューターを買うときに、あらかじめ性能を調べたり、使い勝手を知るために実際に試運転したりするでしょ。それと同じ。
 コースの内容と自分の関心・能力がおおよそのところ合致するかどうか見極めるのである。そのコースが必須科目で選ばなければならない場合にでも、そういった下調べをあらかじめしておけば「汝の敵」をよく理解することになり、コースが始まった段階でアワテルことは少なくなる。
 同じコースを前に履修した学生からの情報も役にたつこともあるが、個人のバイアスがムチャクチャかかっていることがあるので、要注意。いわゆる口コミ情報だが、このテの情報は質が高いとは限らない。「思い込み」や「勘違い」といった要素が大いにある。これらへの対策としては二つ。まず、一般的に言って、高得点を得た学生からの情報のほうが質が高い(もちろん、全てがそうではないものの)ので、それを重視すること。第二に、前履修者からの情報源を多くすること。
 けどね・・・これらの対応策にも限界があるんです。やはり上で述べたように自分自身が下調べしてみないと危ない。口コミに頼る他人本位な作戦は心もとない。ナマの情報源――過去のシラバスや教科書――にあたるのがやはり正攻法。口コミに踊らされてとったコース、実は自分には向かなかった・・・という場合、攻めるのは自分自身しかないんですからね。そうなればアトのまつり。
 もう一つだけ。
 文系の場合、往々にしてリサーチ・ペーパー提出を義務付けられているコースがある。リサーチ・ペーパーを作成するには図書館で「指定されている教科書以外の文献」を探し出し、読破して論文を作成する、というのが前提になっている。したがって、それだけ余分の作業が課せられるので要注意。いうなれば1.5科目分の作業量になる。このリサーチ・ペーパ、具体的な名前はターム・ペーバー( term paper )とかいろいろあるが、要するに「教科書以外の文献をこなす」もの。それを前提にあなたもスケジュールを組んでいく必要がある。多くの学生が学期末、リサーチ・ペーパーの量に泣き、「こんなはずじゃなかった・・・」とボヤクのである。この人たち、作業量を低く見積もりすぎたわけ。当然、成績も下降気味となりがち。
 「汝の敵」を知ること、大切ですよ・・・コースを選ぶ際にも。学期末に「ガハハ」と高笑いできるかどうか、そのための第一歩は授業が始ってからでは実は遅いのだ。諸君の成功を祈る。


スポンサーサイト

テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

コメント

非公開コメント

プロフィール

プロフェッサーX

Author:プロフェッサーX
性格は理系クンに限りなく近い文系学者。仕事の合間をぬって魚釣りにいそしみ、カナダの大自然をエンジョイしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。