スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学会とは(3)

◆論文発表だけではない

 エキサイティングな論文発表にめぐりあえるのも楽しみであるが、学者仲間で旧交を暖めることができるのも学会の楽しみである。
 いっしょに酒を飲むわけ。
 大学院時代からの友人とかが北米中、さらには世界中に散らばっているので、旧交を暖める絶好の機会なのである。(ここで「それが本当の目的で学会に行くんとちゃうのん?」とオバチャンのツッコミが入りそうであるが無視して続けよう。)
 もちろん、さまざまな情報交換もできる――新たな研究動向とか。もちろん、ゴシップにも事欠かない。なかには人脈作りに大いにはげむ学者センセー(とくに若手)もいる。就職用の面接をセットアップする学会もある(例えばアメリカ政治学会)。
 専門家が一堂に会するという好機なので、2-30社の学術関係出版社も集まる。それぞれブースを設けて新刊書などを展示する。そのようなブースをめぐるのも楽しい。時には学術書の出版可能性をめぐって、出版社の担当者と面談することもある。
 もちろん、セッションを追っていれば学界での研究動向が理解できるが、それ以外の場所でも情報獲得ができるので、学者稼業に欠かすことができない情報ハブが学会といえよう――情報過多となってしまい、かえってボーッとなってしまうこともあるが。

◆開催都市もたいせつ

 学会はホテルでコンベンション施設(会議施設)を借りて行うことが多い。一度に二千人以上の参加者があるような大規模の学会の開催は、自然、大きなホテルでの開催となる。(参加者が少なければ大学の校舎を借りておこなうこともある――カナダではそれが主流。)
 準備する主催側も大変である。フツーの学者の手におえるものではないので、ホテル側を含む業者側に準備をまかせることとなる。
 上記のISAの場合、北米、それもアメリカの大都市での開催が普通である。シカゴやサンフランシスコ、ニューヨーク、それにニューオリンズなどが定番。最近はトロントやモントリオールなどのカナダの都市でも。いずれにせよ、交通の便がいい都市が選ばれがち。参加するにはもっぱら飛行機の利用となる。(ちなみに www.isanet.org にいかれて、その左側にある
「 Conventions & conferences 」をクリックされればそういった都市の一覧表があります。)
 参加者の立場から言えば、少しは観光色がある都市のほうが、やはり良い。「いってみようか」という気持ちになる。学者といえども、それが人情というものである。
 すこし前にISAはハワイのホノルルで学会を開いたが、参加者数は記録的大規模になったとか。「いってみたい」どころか「ぜひ、いってみたい。他の仕事を調整してでも!」と多くの国際政治学者が思ったのであろう――わたしもそうであった。「これは、ゼッッッ・タ・イに行かなアカン」と思わず口に出たぐらいである。 
 で、参加したが、思いのほかキャンセルされたセッションが多いのには驚いた。皆、ビーチにいって学会サボッたんじゃ・・・・(「やっぱり」というオバチャンの声が聞こえそう)。
 別の学会はもっと国際的で、世界中の都市で開かれる。ヨーロッパもあればアジアや南米もあり、ということでこれまた海外旅行の機会となる。自然、配偶者同伴というのも多い――配偶者むけツアーを組む学会もあるほどである(ISAではそれは無い)。しかし、まじめにセッションに出ていれば、観光はチラリとだけで、時には会場ホテルに缶詰で観光の「か」の字もできなかった、ということもある。
 いずれにせよ、学会出張は高くつく。飛行機代にホテル代、それに食費等々、出費がかさむわけである。いや、ほんとうにカサム。それに一人の大学教授からみれば、所属する学会はたった一つということはないので、別々の研究大会が一年中、どこかの都市で開かれているということになる。だから、どれに参加するのか注意して選ばないと、研究費がもたない。
スポンサーサイト

テーマ : 教師のお仕事
ジャンル : 学校・教育

コメント

非公開コメント

プロフィール

プロフェッサーX

Author:プロフェッサーX
性格は理系クンに限りなく近い文系学者。仕事の合間をぬって魚釣りにいそしみ、カナダの大自然をエンジョイしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。