スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時事漫才

「だいたいやぁねぇー。」

「なんや、君、どないしたん?」

「日本のグランド・ストラテジー、失敗やね。」

「なんやそれ、グランなんとかいうのん。」

「大戦略のことや。だ・い・せ・ん・りゃ・く」

「おっー、ソレ知ってる、知ってる。パソコンのゲームやろ。それ、大好きやねん。」

「ち・が・うっ、ちゅーねん。国際政治の話しや。」

「なんや、しょーもな。」

「しょーもない、とはナンや。大切な話やないかい。」

「ふーん、それで君がいう、その大戦略。なんのこっちゃ?」

「この前の、小浜さん、いやオバマさんが主催した核安全保障サミットのことやがな。」

「ほう。」

「そこでは、わが鳩山首相はパッとせんかったね。」

「そやそや、夕食会でオバマ大統領の隣に座って非公式会談って新聞に書いてあった。普天間基地の問題で、冷たくあしらわれたんやろ。それぐらい、ボクでも知ってるで。」

「君、甘い。」

「はあ?なんのこっちゃ。公式会談あらへんかったで。それで失敗ちゅうことやろ?何が甘いねん。それだけの話やないかいな。つまるところ、鳩山さん、普天間問題で失敗・・・。」

「それが、甘いっちゅうねん。問題はもっと深いんや。」

「深い?どういうこっちゃねん?」

「あんな、よー考えてみ。民主党のマニフェストにちゃーんと書いてあるねん、『核兵器廃絶の先頭に立ちます』って。日本、唯一の被爆国家なんやで。本来やったら、日本の首相が堂々とオバマさんの横に立って全世界に向かって『これまで日本が唱えてきた「核なき世界」への第一歩を共に歩みましょう』とか何とかいって、アピールする最大の機会やったんやないか。まさに国是を大々的にアピールする晴れ舞台のはずやったんや。これまで、ずっーと、待ちに待った機会やったはずや。そうやろ?」


「まあ・・・・そうやな。」

「なっ、ほんでもって、オバマさんが主催者やったら、鳩山さん、共催者とは言わんでも副主催者ぐらいにはなれてたで、本来なら。思い浮かべてみてみ、ホレ、オバマさんと鳩山さん、演台で二人並んで、共に手を上げて、会議参加国代表から大拍手を受けている様子・・・・。ええ写真になるやろ。歴史に残る写真や。」

「なるほど。そう言われてみれば、そうやな。そんな晴れ姿あらへんかったな。」

「そやろ。鳩山さん、たしか演説も無しやったんちゃうか。政府はステートメントとか発表したらしいけど。外務省のウエブサイトみてもそんな感じや。」

「新聞は普天間関連で、その夕食会のこと書いていたけど、まあ、それだけやね。」

「日経の社説ぐらいやで、ボクがいうてるようなこと、社説でちらりとふれていたのは。」

「そうか、よー読んでいるやんか。」

「で、どこが次の開催国やねん?普通やったら日本やで。広島・長崎とか絶好の場所ちゃうか?そやろ?けど、日本はパスや。次回の開催はお隣の韓国や。」

「そやね。北朝鮮ガラミとかなんとかいう理由らしいね。」

「日本の得意分野やったんちゃうの、核不拡散問題って?晴れ舞台のはずやったん、ちゃうの、アメリカでの会議は?次の晴れ舞台もホストできひんとは・・・・。これが失敗でなくて何なんや。」(ここで泣き出す。)

「オイオイ、泣かんでもええやんか。」

「これが泣かいでか! なっ、だから大戦略上の失敗やねん。昔でいうたら国威発揚の絶好の機会を見逃したわけや。もっと最近の言葉やったらソフトパワーを発揮できる最高の機会を逸したわけや。わかるか?」

「まあ・・・わからんけど、わかったということにしとこ。」

「それもこれも、結局は普天間基地問題の不手際から来ているんや。というよりも、普天間問題のコマカーイとこばかりに追われて、世界秩序の中での日本の地位上昇とか、そのためにはアメリカの世界における指導力をどう利用するとか、そういう大局的なこと無視した見返りやね。つまるところ、世界の主導国アメリカに冷たくあしらわれて、アホみたっちゅうこっちゃ。」

「まあ、そうやね。昔に決着した話を蒸し返すような輩に対しては普通、冷たくあたるのが人情かもな。」

「うん、そうや。」

「ところで、君、それで思い出したけど、君に貸したやろ一万円。一ヶ月前に飲みにいったとき。まだ返してもらってへんで。」

「はっ?そんなん、知らへん。(とぼけた口調で)」

「おいっ、しらばっくれるなよ。一万円、か・え・し・て。」

「決着した話を蒸し返すことは、やめましょう。」

「それとこれとは話しがチガウわ!」

「君、大戦略、考えなアカン。細かいことにこだわらず、ボクとの友情を維持するという大局的見地に立ってやね、一万円のことはなかったことに・・・・」

「アホ!もう、やめさせてもうらうわ。」


スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメント

非公開コメント

プロフィール

プロフェッサーX

Author:プロフェッサーX
性格は理系クンに限りなく近い文系学者。仕事の合間をぬって魚釣りにいそしみ、カナダの大自然をエンジョイしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。