スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の健康法(自力整体法)

 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

 本日から講義が始まりました。さっそく失敗もしました(それについては、いずれまた書きます。)年明けの初回ブログ、イザまいらん!

******

 オヤジ年齢になったこともある。座り続ける時間が勤務形態上、長いということもある。運動不足ということもある。もちろん、ビールの飲みすぎも・・・・。
 ということで、実はここ数年、坐骨神経痛に悩んでいた。腰の表面ではなく、奥のほうに鈍痛が走るのである。寝ていると足の指がしびれを感じる。これは辛い。
 日本で一年間、在外研究で戻っていたときに、ついに病院(整形外科)に飛び込んだ。そのときは坐骨神経痛ということばも知らなかったのである。レントンゲンをやっても骨には異常なし、ということで整形外科のセンセーいわく「うーん、処置なしですね。腰痛の原因は不明というのが多いですから。」ということでなんとも仕様がなかった。
 カナダにもどっても腰の問題はなかなか解決せず、持病ということでがまんしていた。たまたま、カナダでの友人にフィジオセラピスト(日本語でいう「理学療法士」で、昔でいえば筋肉リハビリ専門家みたいなもの)がいたので、相談してみた。
 彼女いわく「それは骨盤の歪みが原因。よくあるケース。直してあげましょ。」ということで矯正してもらった。そのときはいいのだが、しばらくしてまたまた鈍痛。彼女のいうとおり腰をうごかしたりするのだが、効果があるのかどうかはわからなかった。
 その他、日本語で「骨盤のゆがみを直す体操」といった類の本も手にいれたりしたが、なかなか効果が上がらなかったのである。
 そうか、フィジオセラピストに頻繁に通わなければならないのか・・・と思っていた矢先、ついに解決方法が見つかった。
 それが自力整体法。
 歳をとるにつれて、あるいは生活習慣のパターンによって、身体の筋肉のあるところは縮み、また別のところはたるんでくる。こういった筋肉のいびつな状態が慢性化してくると、身体全体がゆがんできて、それが結局は足、腰、ひざの痛みとなって現れるというわけである。つまり、身体全体が一つの筋肉のシステムとなっているので、身体の一部だけを矯正するだけでは、いつかはもとの悪い状況になってしまうというわけ。であれば、根本的な解決は様々な体操を通じて身体全体の筋肉を同時に矯正するしかない。
 例えば、肩甲骨の奥のほうの筋肉がもっているコリをほぐせば、骨盤のゆがみ(これも腰やおしりの筋肉のいびつな縮みやコリが原因)も矯正しやすくなるのである。手の背をほぐせば、背中の筋肉が緩んでくる。ふくらはぎがパンパンに張っている――それも片方が特に張っている――のは歪んだ骨盤を支えようとしているからで、この張りもマッサージしてとってやる・・・とまあ、こういった具合。
 自力整体法という名のごとく、別の人に助けてもらうのではなく、自分自身で様々な体操メニューをこなす。体操といってもヨガのごとく、ゆっくりとした動きで、どちらかといえば「身体中のコリを一つ一つほぐしていく」というかんじ。筋力トレーニングというものとは程遠い。で、コリを取って、ゆがみやねじれを直した後に、骨盤を締めて終了。
 そうして、身体全体の筋肉のアンバランス――右と左、上と下、前と後ろ――を本来の形に戻していくわけ。それと同時に関節――とくに股関節――を動かし、さらにはリンパ液や血液がよく流れるような体操もする。そうするうちに新陳代謝も正常化し、免疫体制も強化されるというわけである。いうなれば、人間本来の健康な姿にもどる体操法ともいうべきか。
 たまたま、当地にある日系人会館で自力整体法教室があり、それに昨年から通いだしたのがよかった。週に一回で、一回は75分程度。時には自宅でも自分で自力整体をする(そうなれば週二回となる)。始めてから3ヶ月ほどで、坐骨神経痛が無くなったのはもとより、体重も5キロ減った。出ていた腹もひっこんだ(ガハハハ)。腹回りがスッキリとした結果、昔のズボンも再びはけるようになったのである(これには涙が出た)。カゼもひかない。自力整体以外の運動はマッタクしておらずにこの状況なのである。
 ただし人によって結果は違うみたい。同じ教室に通う人たちの間でも「悩まされていた頭痛が治った」という人もおれば、「私の体重、ゼーンゼン減らない」という人もおられる。いずれにせよ、体操をやればたちどころに身体のゆがみが治り、成果が現れる・・・・というものではないらしい。根気よく3ヶ月ほどは続けないと成果が出てこないようである。
 いずれにせよ、私にとっては効果ある健康法なので、自力整体法を皆に勧めている。特に同業者たちに(つまり学者センセーたちに)。坐骨神経痛に悩まされている同業者は数多い――ホント、職業病ではないかと思うぐらい。
 この11月にシドロモドロな学会発表を神戸でしたことは既に述べたが、そこで同業者、I教授と会った。実は、その半年ほど前にI教授が指導する大学院生にたまたま会う機会があって、彼に自力整体法を勧めていたのである。で、I教授いわく、その学生さん、自力体操法をやったら体重がなんと80キロから65キロに減ったとか――それも4ヶ月で。これはすごい。さすがの私も驚いた。この学生さん、一日30分、毎日自力整体をやったそうである。
 この自力整体法、矢上裕氏が発案された。自力整体法に関する本を数本、氏は出版されている。私が参照したのは『足腰、ひざの痛みを治す自力整体法』(農山漁村文化協会、1999年)というもの。上記の「80キロから65キロ」君に勧めたのもこの本。この本は10年前に発行されたものだが、それ以降、ビデオ付き、CD付き、さらにはDVD付きの自力整体本も矢上氏は出版されているので、ご関心のある方はぜひ参照されたい。ただし、望ましい結果が出るかどうかは、誰も保障できないのでその点はご了承のほどを。

テーマ : 教師のお仕事
ジャンル : 学校・教育

我が家の年末

 期末試験の採点、それに論文の採点も終わり、やっと一息つけます。
 といっている間にクリスマス・シーズン突入。我が家でもバタバタしております。
 皆さん、この季節をお祝いするには普通、「メリー・クリスマス!(Merry Christmas!)」と言えばよいと思っておられるかもしれません。しかし正確に言えば、それはキリスト教徒に対するお祝いの言葉で、クリスマスをお祝いしない人たちにとっては耳障りかも。
 ということで、単に「ハッピー・ホリデイズ!(Happy Holidays!)」などということがあります。とくにアジア系(インド系も含む)が多いバンクーバーのあたりでは、これ、よく耳にします。カードの場合、Have a happy
holiday season とも書きます。特定の宗教色がない挨拶用語ですね。
 非キリスト教徒の場合、たいていは、これといったお祭りはこの時期にはありませんが、例外はユダヤ教徒。ユダヤ教徒にとって12月後半は、ハヌカ(光の祭り)にあたります。(ユダヤ暦の関係で毎年、同じ日にハヌカが始まるとは限らない。)この祭り、8日間続きます。メノーラというハヌカ用のろうそく立てがあって、9本を立てることができます。左右対称となっていて、右左おのおの4本づつろうそくを立てる場所があります。そして真ん中に一本立てるところがあって、このろうそくを種火として別のろうそくに火をつけていきます。ハヌカ第一日目には8本のうちの一本に火をつける。第二日目には2本に火をつける。第三日目には3本・・・というふうに8日間ろうそくを点すわけです。(最終日には8本(それに種火を入れると9本)同時に火がつくので、要注意。)
 で、ハヌカの期間中、毎日一点、子供たちはプレゼントをもらいます(少なくとも我が家では)。8日間、ずっとプレゼントをもらい続けるわけですから、子供たちにとっては結構な話です。
 我が家の場合、キリスト教(クリスマス)、ユダヤ教(ハヌカ)、それにお正月と祝います。妻の父方がユダヤ系、母方がキリスト教ルーター派、それに私がいうまでもなく日系だからです。そのうえ、妻の誕生日が年末にある!
 ということで、我が家の年末は、それはもう大変。
 まずはクリスマス・ツリーを買ってきて飾ることから始まります。で、上記のハヌカ(ラッカスというハッシュ・ブラウンみたいなジャガイモでつくったものを食べる習慣がある)。次はクリスマスイブ(フィンランド系義母からの習慣で、北米ではクリスマス当日の朝に開けるプレゼントを我が家ではクリスマスの前夜に開ける)。で、本番のクリスマス当日(七面鳥を食べるのが北米の伝統――フィンランドではハム)。
 それでは終わらずに、続いて妻の誕生日(彼女、どういうわけか KFC の大ファン)。
 そしてトドメはお正月。
 我が家の娘たちにとっては、プレゼントのオンレード。その上、お年玉。まさに「かきいれ時」。ウハウハの季節。
 この期間が終われば、妻と私はぐたーっ・・・・・。
 まあ、まさに文化多様的な我が家です。

テーマ : 教師のお仕事
ジャンル : 学校・教育

時差ボケと格闘中

 昨日、カナダにもどってきました。現在、時差ボケと格闘中。
 京都の実家から成田空港に向かう途中、とある大学で一時間、カナダと日本との関係について講演しました。これまたシドロ・モドロで学生さん、理解できたかしら。お世話してくださった関係者には頭が下がります。いろいろお世話になりました。
 で、すぐさま成田空港に向かい、飛行機に乗り込みました。なんと満席。中学生らしき修学旅行の団体がいました。世の中、かわりましたね。修学旅行でカナダに行くご時世となったんだから。わたしは機内では疲れがたまっていたのか、ほとんど寝ていました。8時間半後にカナダ到着。帰宅して以来、時差ボケと戦っています。
 元気があった昔は、日本から飛んで帰って、空港到着(午前中)からすぐさま大学にむかい、午後の講義をこなしたこともありました――時差ボケと戦いながら。今はそれはちょっとムリかも。
 今回の一時帰国で気が付いたこと、二点ばかり。
 まず、9時のNHKニュースで、アンカーの人が自分の意見を述べていたこと。これには驚き、失望した。ニュース放送というのは淡々と事実を伝えるのが筋で、アンカーの主観・意見を(論説の形で堂々と述べるならいざしらず)、ニュースの一つ一つあとにいちいち付け加えるのは世論誘導をしていることになる。民放でこのテのことをやっているのは知っていたが、公営のNHKでもやっているとは情けなくなったのが正直なところ。「ブルータス、おまえもか」ならぬ「NHK、おまえもか」と思わず思った次第。
その点、NHKラジオ放送のほうが良い。
 失望ばかりではない。「さすが日本!」と思ったこともあった。新幹線が5-7分毎にキッチリ走っている。それに成田空港で空港バスがきれいで、これもキッチリ定時に走っている。とくに、バスが出るときに、切符・荷物担当の人が頭をさげている様子。律儀でまじめ、これには改めて感心し、うれしくなった。思わずこちらも敬礼しかけたほど。「カナダ人、見習え!」と口走りたくなるーーいい加減なところあるんで、カナダ人。
 次の一時帰国が楽しみである。

テーマ : 教師のお仕事
ジャンル : 学校・教育

学会で一時帰国

 学会で一時帰国しています。一週間だけ。
 明日、カナダにもどるんですが、半年ぶりの日本です。
 「周りがすべて東洋人」という状況に最初は少々違和感がありましたが、それもすぐに解消・・・となった途端に日本を出て行きます。イヤハヤ。
 今回、学会で発表しましたが、シドロ・モドロとなりながらも何とかシノギました。そう、日本語、シドロ・モドロで。
 にもかかわらず、日本人の研究仲間と話をするというのは、在外日本人学者であるわたしにとってはたいへんありがたーい時間でした。とくに海外PhD組の同僚とは話しがあうので。
 旧友・家族に会う機会もあり、よかったです。それに今回はいつになく、高校の同窓会、そして大学ゼミの同窓会にも参加できるという幸運に恵まれました。
 ということで充実度が高い一時帰国となりました。
 次の学会発表は来年2月中旬、アメリカのニューオリンズで。こちらでは英語でシドロ・モドロで発表する予定。

テーマ : 教師のお仕事
ジャンル : 学校・教育

ハロウィーンでした

 この土曜日はハロウィーンでした。

 子供たちが一軒一軒訪れて、 Trick or Treat! といって玄関口でキャンディーをもらいます。それで近所を回っていってたくさんおやつを蓄えるわけ。簡単におやつをもらえるので、子供たちは大喜び。
 
 もちろん、子供たちは変装します。魔女やフランケンシュタイン、ドラキュラといった「怖いもの系」から王女さま、妖精といった「ファンタジー系」もある。それと、男の子だったら、テレビキャラクター系というかスーパーヒーロー系というか、スーパーマンとかパワーレンジャー(日本のゴレンジャー系のもの)というのもよく目にする。

 うちの娘たちは母親(つまりわたしの妻)といっしょに近所を回り、わたしが家に残ってたずねてくる子供たちにキャンディーをあげました。時間帯は、だいたい夜の5時半から8時の間。

 キャンディーやチョコといったおやつは、ハロウィーン用としてバカでかい袋にいれてスーパーで売っている。それをあらかじめ購入しておく。キャンディー・チョコはおのおの一口サイズに梱包してある。それが20-30入っているわけ、一袋に。菓子業界もニコニコでしょうなー。

 チョット前までは「ユニセフに寄付」という小箱を首からかけている子供が多かった。で、おやつをあげるときに、同時に小銭を箱にいれてあげるわけ。今回は、フードバンク(生活保護者むけに食量を提供するセンター)むけに缶詰食品を寄付してくれという子供もいた。これも不況のせい?

 いろいろ時代が反映されるのである、ハロウィーンにも。

テーマ : カナダ
ジャンル : 海外情報

プロフィール

プロフェッサーX

Author:プロフェッサーX
性格は理系クンに限りなく近い文系学者。仕事の合間をぬって魚釣りにいそしみ、カナダの大自然をエンジョイしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。